カナダ語学留学1年でわかった本当の英語学習法

カナダ語学留学1年経験でわかった本当の英語学習法を紹介。TOEIC940点保持者によるTOEIC対策やおすすめ教材の紹介、英語力を生かす就職活動、日本でもできる無料英会話などを紹介します。また、カナダ留学体験談なども紹介。

大学生に語学留学をおすすめする理由と準備するべきこと

語学留学の目的

私は大学3年終了後に1年間休学し、カナダのトロントに語学留学しました。英語が得意だったわけではなく、むしろ中学時代から苦手科目の一つでした。しかし、自分の将来像を描いた時に、世界を舞台にした仕事がしたい。という想いがありました。大学生活を過ごしていく中で、日に日に強くなるこの想いを実現するために、大学3年終了後に休学留学という決断をしました。

 

f:id:ys272829:20170730002750j:plain

 

英語が苦手だった普通の大学生がたった1年間語学留学しただけでは、なんの意味もなく、ただのお遊びでいい人生の思い出になるだけだ、「遊学」だという周囲の雑音もありました。もちろん、息抜きとして海外に行くなど、語学留学の目的は様々なので、何が正解というものはありませんが、私は真剣に語学の取得に取り組み、今後のキャリアに役立てたいと思い挑戦しました。

 

語学留学を振り返って、、、

この経験を通じて私がまず、述べたいことは2つあります。

 

もっと早く留学すべきだった

    今振り返ると、思い立った時点で行動に移すべきだったと思いました。早めに行くことで、その後の選択肢もさらに多かったと感じています。なので、早い段階で一度短期での留学を体験しておき、その反省を活かして次回の長期留学に繋げることがベストなのではないかと考えています。

 

留学前の準備の大切さ

    この点については後で詳しく書きますが、やはり留学前に自分の英語力をあげておくことが、(英語力の向上を目的とした)留学の最も大事なポイントであると思います。これを徹底して行うか、そうでないかでは天と地ほどの差があると考えています。

 

 

会話力をあげておく必要性

端的に私の1年間の語学留学を振り返ると、私自身では成功だったと考えています。語学テストなどの目に見える変化も、目に見えない物事の考え方の変化もすべてが自分にとってプラスになりました。これらの成果を上げたうえで私が一番重要であると感じたのは、1年間海外に行って語学を学んだという事ではなく、語学留学をする目的を明確にし、実際に飛び立つ前に何ができるかを考え、実行に移すことです。

 

そこで、私が感じた語学留学前の準備で一番大切だと感じたのが、自分の現時点での英語力を把握し、出発前にできる限り会話力を上げておくことです。ここで言う英会話力とは、リスニングとスピーキングの能力をバランスよく発揮できるという事です。語学学校だけで上がる英語力はたかが知れています。自分の留学の成果を最大化したいならば、留学前にこそ必死に英会話の向上に取り組むべきです。

 

なぜ会話力が必要なの??

 

現地に着いた瞬間から、英語での会話になる

語学学校の下のクラスでは文法にフォーカスしたものが

 多く、既に知っていることばかりを習うため、能力向上

 の機会が限られる。

語学学校の上のクラスでは会話が多く、他の国の人たち

 同様にたくさん発言することが要求される。

日々の生活で英語ができないとストレスになり、学習に

 集中できなくなる。

現地の人とのコミュニケーションができ、さらなる英語

 力向上の機会が生まれる。

 

これらが私の考える、渡航前に会話力の向上が必要な主な理由です。準備が成果を変えるといっても過言でなはいと思います。

 

では、どのようにして日本にいて、時間もない中で会話力を鍛えるのでしょうか。そこで今、注目されており、効果が非常に高いのがオンライン英会話です。自分で学習でき、リアルな英語を学ぶことができるため、渡航前の準備としてこれ以上のものはないと考えています。

 

このように無料体験ができるものもあるので是非試してみてはいかがでしょうか?