カナダ語学留学1年でわかった本当の英語学習法

カナダ語学留学1年経験でわかった本当の英語学習法を紹介。TOEIC940点保持者によるTOEIC対策やおすすめ教材の紹介、英語力を生かす就職活動、日本でもできる無料英会話などを紹介します。また、カナダ留学体験談なども紹介。

語学留学を就活に活かすことはできるの?~押さえておきたい重要ポイント~

語学留学は就活に不利になるのか?

 

f:id:urufu0611:20170830221800p:plain

 

 

語学留学を考えている大学生は誰しもが気になることだと思います。

 

 

 

帰国子女や交換留学生のように英語力もなく、語学留学をするとなったら、休学しなければならない。自分のやりたいことを追求したいけど、いざ就活のことを考えると、しり込みしてしまう。。。

 

 

 

私自身も、語学留学を決断する前は様々なネットを見たり、キャリアセンターに相談に行ったりしました。語学留学はお遊びと捉えられてしまい、就活にマイナスになるのではないか。。。という不安を抱えていました。

 

 

 

語学留学を経て、実際に就職活動を終えた私の経験から言わせてもらうと


語学留学を休学して行ったからと言って、不利にはなりません。

 

 

むしろ、伝え方次第では大きなプラスになります。

 

 

 

しかし、それは100%自分次第です。

 

 

 

私は大学3年次が終わった後に休学し、語学留学をしました。

 

 

 

上記で述べたような不安を抱えていましたが、自分の目標の為には、今しかないと決断し、留学期間も自分の目標を見失うことなく過ごした結果、就活の面接試験ではほとんど落ちることなく複数の会社から内定をいただくことが出来ました

 

 

 

ただ、もちろん全員が全員プラスの評価を貰えるかというと、そうではありません。

 

 

 

しっかりとした目的をもって、語学留学を有意義に過ごした人だけが評価されるのです。

 

 

 

これは、語学留学に限らず、部活動やボランティアなどすべてのことに共通して言うことができます。

 

 

 

就職活動では、何をしたのかではなく、どのような思いを持って、どのように取り組んだのかが、最も重要視されます。

 

 

 

語学留学を就活に活かすためには

 

 

 1.留学に行くこと自体を目的にしない

2.目に見える結果を残す

3.強みを活かす経験をするまたは、強みを発見する

4.楽しむ

5.自分の経験を言語化できるようにする

 

 
 なぜ、これらが重要なのか

 

 

  1. 留学をした理由は必ず面接で聞かれます。その際にはっきりと言えなければ、海外旅行の延長のように、遊びに行っていたと認識されてしまいます。自らのビジョンを明確に持っていて、そのために、日本で英語を勉強するのではなく、海外での語学留学が必要だったという事をアピールできたのが高評価につながりました。また、就活の為に語学留学をしました!というのもあまりよい評価が得られるとは思いません。

 

 

  1. 目に見える結果というのは、英語系の資格であるTOEICなどです。いくら自分で何をしたのかという事を述べても、説得力がなければ意味がありません。その点において、英語の試験で高いスコアをマークすることは非常にプラスになります。もちろん、語学留学の目的がTOEIC900点を超えるという目標で語学留学するのは、あまりよくないと思いますが、、、

 

 

  1. これは、留学以外のところでも活用できると思うのですが、海外という普段と違う環境でも自分の力を発揮できたというアピールは非常に受けが良いです。この子なら、入社後の新たな環境の中でも力になってくれるという印象を与えることが出来ます。挫折を乗り越えて新たな自分を発見したという経験ができれば、とても良いことです。だからこそ、留学先では様々なことにトライしてみましょう

 

 

  1. 楽しむというのは、ただ単に好きな事だけをして、満足するのでは無く、成功も失敗も含めて、語学留学中にだからこそできることを満喫するという事です。楽しんだことを話す時は、人は生き生きとしていて、面接官にも良い印象です!つらい経験ばかりで死にそうでした。。というだけでは、悲観的な事捉えられてしまうこともあるので、楽しむということも非常に重要な要素の一つであると思います!

 

 

  1. 言語化するということは、この中で最も大事なものであるといっても過言ではないです。いくらあなたが、素晴らしい志を持って、最高の成績を残し、何にも代えがたい経験を得て就活に臨んだとしても、それを相手に伝えることが出来なければ、就活という面で考えると、何の意味もなくなってしまいます。なので、自分の体験をしっかりと言語化できるように、留学中から経験を記録に付けておくなどのことが必要になります。

 

 

 

ここに記したのは、私の体験を基にしたものです。しかし、これらは単に私が感じたものだけでなく、実際にOB訪問を通じた社員の方や、面接官の方からのフィードバックでも評価してもらえたことです。

 

 




私のように休学することで、就職活動に響いてしまうと思っているあなた、語学留学は決してマイナスではありません。あなたの頑張り次第で大きなアドバンテージになります

 


迷っている方は、是非トライしてみましょう!全力で取り組んだ先には、明るい未来が待っています!!!

 

 

 

語学留学をしてみたいあなた!早速お問い合わせをして、自分の夢へ突き進みましょう!