カナダ語学留学1年でわかった本当の英語学習法

カナダ語学留学1年経験でわかった本当の英語学習法を紹介。TOEIC940点保持者によるTOEIC対策やおすすめ教材の紹介、英語力を生かす就職活動、日本でもできる無料英会話などを紹介します。また、カナダ留学体験談なども紹介。

TOEIC900超えを真剣に目指す人の勉強法 ~継続は力なり、目指せ900点~

TOEIC900点越えの必勝勉強法

  

f:id:urufu0611:20170903152725p:plain

 

 

TOEICの点数を上げたいけど、何をすればよいのか分からない。という人はかなりいると思います。


私もその1人でした。

 

大学1年で初めて受けたTOEICのスコアは400点代でした。



TOEIC900点越えの友達が周りにはゴロゴロいて、私も追いつきたいと思いました。

 

 

しかし、その当時の私は英語の勉強が嫌いで、何をしたらよいのかも分からないでいました。


そんな私が試行錯誤しながら940点までたどり着いた方法があるので、皆さんにシェアしたいと思います。

 

toeic900shukatsu.hatenablog.com



それは、自分のレベルに合った勉強を段階に応じて、毎日少しずつ継続していく事です。

 



そんな当たり前のこと、、と思う方がいると思いますが

 


継続こそ一番難しく、また効果的なことだと思います。

 

  

そこで私が継続できるように、実践していたことは、

 

自分のレベルより少し高いTOEIC参考書を1冊用意する

 

 

隙間時間活用を活用したオンラインでの勉強


というたった二つの方法です。

 

参考書をとっかえ、ひっかえする人がいますが、それは効果的ではありません。どの本もほとんど同じようなことを言っているので、どれか一つに絞って集中的に学習するのが良いと思います。

 

それを1回やっただけで満足せず、2周・3周と反復することで定着させましょう!

 

また、スマホを用いての勉強は隙間時間に非常に効果的です

 

 

 

私がおススメしたいのはこちら!


 

 


TOEICの対策コースもあり、英語を鍛えたい人にはうってつけです。


机に向かわずに取り組めるので、「勉強」という煩わしさを感じることなく、楽しめるようになっています。

 

 

今なら、1週間の無料体験もあり、自分の英語力を測ることができるので、まずはお試しから始めてみましょう!

 

 

私はこれらを用いて継続して学習を行うことで、効果的に点数を上げることが出来ました。

 

 

 

スコア別の対策方法 

第一段階(450点から650点)

この時点では英語の知識がかなり曖昧であるため、基礎を確立させるだけで点数が大幅に伸びるチャンスがあります。また、この段階での英語の基本が今後のあなたの英語力を支える大きな幹となります。じっくりと焦らずに時間をかけて少しずつ取り組みましょう。

 

リスニング

    まず、聞くことに慣れましょう。TOEICのリスニングはパターンが限られているので、TOEIC用のリスニング問題をひたすら聞きこんで、対策しましょう。大問の一つ目はどのような形式なのか、などを頭に入れておくだけで、大きな変化が生まれます。参考書にはリスニングのポイントが書いてあるので、それを頭に入れつつ、毎日の通勤・通学時間を利用して耳を慣らしましょう。

 


リーディング

    中高で習った文法を完璧にすると、リーディングパートの1番と2番目の大問が見違えるほど解けるようになります。また、その後のリーディングパートも文法の知識があるだけで、長文の理解力が高まります。TOEICに限らず、英語を勉強するうえで文法の知識は非常に大切なので、この基本をしっかりと完成させましょう。

 

 

第二段階(650点から730点)

    ここの段階では、文法についての知識が大分ついているため、TOEIC独特の問題の解き方になれるようにしましょう。TOEICの問題形式を把握するだけでなく、それぞれの問題の対策を立てましょう。

 

リスニング

大問①  絵をまず見て、どのような文章が考えられるかを頭の中で想像するとよいです!問題をたくさん解いていくと、推測しやすくなります。

  

大問②  Q&A形式で、すべてを聞き取らないといけないため、私が苦手にしていたパターンの一つです。ここでは、質問文の先頭の疑問詞に着目しましょう。文章の意味が理解できなくても、疑問詞さえ聞き取れれば解ける問題がたくさんあります。

  

大問➂&④  この二つは会話形式か、レクチャー形式ということで同じようなタイプの問題です。ここでの一番重要なポイントは設問の文章を音声が流れる前に読むことです。そうすることで、着目して聞くべきポイントが分かります。また、聞き取り損ねたものは、すぐに飛ばしましょう。時間をかけると、次の問題にまで影響してしまい、負の連鎖を起こしてしまいます。

 

リーディング

大問①  1問ずつにかける時間を極力少なくし、後半の長文に回せるようにしましょう。ここでは空欄の前後に着目して語形の変化や単語を選ぶものが多いです。短時間で多くの問題を解く練習をしておきましょう。

 

大問②  大問①と同じで、基本的には文法事項・語形の変化・単語の意味です。しかし、大問①よりは、全体の背景把握が必要となってくるので、空欄の前後1行を読むなど、全体理解に努めましょう。

 

大問➂・④ 長文という事で苦手意識が高い方が多いと思いますが、各設問の一つ目は簡単な問題です。また、長文は基本的に文中に答えが書いてあるので、得点にしやすいです!ここでのポイントは設問をまず読み、該当する箇所を文中で探すという順番で解くようにしましょう。

 

 

第三段階(730点から940点)

ここから先はスコアの伸びを実感しづらく、壁にぶち当たりやすい時期です。そこで私が実践したのが、TOEICの実戦問題をたくさん解くことと、英語を読む・聴く力をそれぞれ上げることです。

 
ここで、TOEICの実戦問題については、公式問題集を買うのが良いと思います。参考書では、基本的に巻末に1回分の実戦問題しか載っていないためです。

  

また、実戦問題で出てきたイディオムや文法事項は優先的に学習するようにしましょう。TOEIC独特の言い回しなどは、覚えておくだけで簡単に得点につながります!!

 
また、英語の技能を上げるには先ほど述べたオンラインの英語勉強ツールを使い、自分に合った細かいトレーニングをすることで、TOEICにも役立つ英語力を養うことができます!!

 

 

これらを参考に継続的な学習を行い900点越えを目指しましょう!!!