カナダ語学留学1年でわかった本当の英語学習法

カナダ語学留学1年経験でわかった本当の英語学習法を紹介。TOEIC940点保持者によるTOEIC対策やおすすめ教材の紹介、英語力を生かす就職活動、日本でもできる無料英会話などを紹介します。また、カナダ留学体験談なども紹介。

TOEIC900点獲得への道 ~単語を見て品詞を理解するチカラ~

品詞理解は大前提

 

 「アルファベット 暗記」の画像検索結果

 

TOEICの点数アップに文法の正しい理解は欠かせません。

 

 

パート5を例に出すと、単語の意味が分からなくても、また、文章を全部読まなくても

 

 

空欄の前後と選択肢を見るだけで、瞬時に答えが分かってしまう問題があります。

 

 

TOEICは時間との闘いといわれるように、TOEICに慣れてない人が、時間内にすべて終わらせるのは非常に難しいです。

 

 

そこで、ここで紹介したことを理解し、実践してみてください。

 

 

時間の短縮につながり、それだけで正答率のアップにつながります!

 

 

リーディングパートでは、いかにパート5,6を早く終わらせるかにかかっているといっても過言ではありません。

 

 

そこで、今回紹介したいのは、品詞をしっかりと理解するという事です。

 

 

英語では規則通りの文法の理解が非常に大切です。

 

 

例えば、TOEICに非常に頻出の形として

 

The, A, His, Kate’s や前置詞の後には名詞が来るというものがあります。

 

【例】

 

問題文

Applications won’t be considered unless all the ______ is included.

 

 

選択肢

  1. Inform
  2. Informing
  3. Information
  4. Informed

 

 

ここでは、空欄の前がthe であり、直後に動詞が続くため、空欄には名詞が入るという事が分かります。

 

 

 

そこで、正解はcのinformationになるのです。

 

 

 

たとえこれが難しくて、意味の分からない単語だとしても、品詞さえわかれば解答することができます。

 

 

 

それでは、品詞を覚える方法は1つ1つ覚えるしかないのでしょうか。

 

 

 

 

いいえ、すべてが規則的である。とは言えないものの

 

 

 

非常に参考になる規則があります。

 

 

 

それは、単語の末尾を見る方法です。

 

 

 

以下に、その規則を挙げたいと思います。

 

 

 

名詞

 -ism                                -ness                                   -ment

  -sion                               -ship                                   -or

  -ance                               -cy                                      -er

  -ence                               -ast                                     -ist

  -ancy                              -is                                       -th

  -ity                                  -ian                                    -tion

 

 

 

動詞

 

  -en                                  -ize                                     -ify

 

 

 

形容詞

 

  -able                               -ible                                    -ous

  -ish                                 -al                                       -ful

  -ive                                 -ent                                    -ic

  -ed                                  -ing

 

 

 

副詞

 

  -wise                               -ward                                 -ly

 

 

 

上記に挙げたのは、使われるのが多いものであり、これらが全てではありません。

 

 

また、上記の規則に当てはまらない例外もあります。

 

 

しかし、以上のことを頭に入れておくのと、入れておかないのとでは、試験の際に落ち着いて解けるかそうでないかが、大きく変わっていきます。

 

 

当たり前のことかもしれませんが、もう一度確認してみましょう。

 

 


 

 

いくつかの例外としては、以下のものが挙げられます。

 

 

 

 

-al

 通常は形容詞の形として使われますが、”proposal””dismissal”などのように名詞としても使われます

 

 

また、

 

 

-ly

 これも通常は副詞として使われますが、”friendlyや” hourly” などは形容詞・または名詞としても利用されます。

 

 

 

このように、単語の末尾を覚えておくだけで、品詞の構造を問われるものに対する対応力が上ります。

 

 

リーディングパートで何をすれば分からず、スコアの伸び悩みを感じているあなたは、是非参考にしてみてください!!